東京都北区王子本町1-1-12☎ 03-3907-7808Googleマップ
御神徳と御祈願

 「運を開き、災いを除く」の意より、開運招福や運気の回生、また厄除けや家内安全、身体健全、交通安全などに御神威深き神社です。また徳川三代、家光公(幼名竹千代)の乳母春日局が、竹千代の病弱と世継問題に心を痛め、当社に竹千代の健康と大成を祈願したところ、めでたく叶った故事により「子育大願」の神社として、子どもに関する祈願(初宮、七五三、学業成就、安産、子授けなど)にも御神徳あらたかです。
 その他、願意により様々な御祈願を承っております。

御祈願

初宮まいり(お宮まいり)

 誕生して初めて神様に詣でる初宮まいり。当社では出産から50日となっておりますので、お子様が落ち着いてから、ごゆっくりとご来社下さい。御事情があって遅れる方(1~2歳)も御祈願を承っておりますので、どうぞご安心下さい。授与品の神札はご家族皆様の幸せがお子様の幸せであると考え、神棚に祀る神札を差し上げております。またお食い初め等にお使い頂ける祝椀をお祝いとしてお付けしておりますので、どうぞご利用下さい(歯固めの石は社務所に用意がございます)。

写真
七五三

 昔、男女とも三歳で髪を伸ばし始める髪置(かみおき)という儀式がありました。そして男児は五歳で袴を着け始める袴着(はかまぎ)が、女児は七歳で帯を着け始める帯解(おびとき)という儀式があり、神様に感謝して祈願を致しました。今では三歳の七五三は女児のお祝いとなっていますが、正式には男児も三歳の七五三をするものなのですね。当社の七五三祈願では年齢ごとの授与品をご用意してお待ち申し上げております(ご参列頂いたご兄弟にもおみやげを差し上げております)。また年間通して祈願が出来るよう準備致しておりますので七五三の時期(11月)以外でも、どうぞ御参詣下さい。

写真
安産祈願

 多産でお産が軽いと言われている犬にあやかり、戌の日の祈願が良いとされている安産祈願。当社では戌の日はもちろん、戌の日以外でも安産祈願を承ります。授与品の腹帯は実際にお使い頂けるよう、マジックテープ式の腹帯を差し上げております。また夫(又は御家族)がお持ち頂ける「安産みまもり守」をお付けしております。皆様で妊婦と胎児を暖かくお見守り頂き、健やかな出産をお迎え下さい。

写真
子授け祈願

 当社には日本の国生みをされた伊邪那岐命と伊邪那美命の二柱の神に、その御子神であらせられる天照大御神をも祀っております(天照大御神が第三神なのはこの理由によります)。日本の国を生み造られた大神様の広大無辺な御神徳にあやかり、子授け祈願を承ります。子授けには子の日が良いとされています。なお子の日以外でも祈願を承りますので、どうぞご来社下さい。

写真
厄除け(諸祈願)

 御祈願を受けた神札は神棚(宮形)に入れてお祀り致しましょう。当社では神棚のない方に宮形を差し上げております(初宮・安産・子授け含む)。厄除け等で宮形をお受け頂き、祈願が終わった(例:厄が抜けた)方でも、宮形はそのままお使い頂けますので、通常の神札をお祀りして末永く大神様のご加護をお受け下さい。ご家族皆様の健康と幸福をお守り頂けます。

写真
個人
など
会社
など
出張
など

祈願受付

御祈願の受付は、社殿正面の右側の神社社務所までおいで下さい。
御祈願はご予約をお願いしております。
御祈願のご予約はこちらへ
(午前9時より午後5時まで)
ご予約なしでも祈願をお受け致しますが、行事等により出来ない場合もございますので、ご予約を取られる事をおすすめ致します。
お正月や七五三の季節で、ご予約なしの期日がございます。トップページにてご確認下さい。
出張祭は事前の打ち合わせをお願いしております。

受付時間

午前9時30分より、午後4時30分まで
 (祈願時刻午後5時まで)
上記時間外を御希望される場合は御相談下さい。

初穂料

個人:初穂料8,000円より
・同願意一つ増しごとに2,000円増し
・他願意一つ増しごとに3,000円増し
会社:初穂料20,000円より
・祈願札一体増えるごとに5,000円増し
出張:初穂料30,000円より